ダークネビュラ(Dark Nebula)
  • NEW

販売価格(税込): 5,500
初版は1980年にGDW社から発売されたTRPG「トラベラー」の系譜を引くSFボード・ウォーゲームです。
数量:

元亀争乱 ソリティア信長包囲網
  • NEW
  • 書籍

販売価格(税込): 2,970
「元亀争乱 ソリティア信長包囲網」は、2013年7月に発売されたウォーゲーム日本史第18号の付録となった1人用ウォーゲームの再生産版です。
数量:

ソリティア太平洋戦争(第2版)
  • 書籍

販売価格(税込): 2,970
Victory Point Games社の「We Must Tell The Emperor」の日本語版で、1941年から1945年にかけての太平洋戦争をソリテアゲームシステムで再現します。 2012年に発売された同名ゲームの第2版で、初版から記事を除き、ルールエラッタや誤字等が改訂されています。
数量:

ドイツ装甲軍団1

販売価格(税込): 4,180
2007年4月に発売されたコマンド・マガジン日本版第74号の付録ゲーム、「ドイツ装甲軍団」がコマンド誌別冊になりましたが、その重版です。
従来の「スモレンスク攻防戦」と「マーケットガーデン作戦」に、1942年5月から6月の北アフリカにおける「ガザラの戦い」を加えた3部作になっています。
数量:

ウォーゲームハンドブック2019 川中島&TANKS β
  • 書籍

販売価格(税込): 2,750
今号の付録ゲームは2つ用意されていて、「川中島」と「TANKS β」です。
数量:

独ソ電撃戦【第2版】

販売価格(税込): 6,600
WWIIの人気テーマ、バルバロッサ作戦をゲーム化した、エポックの「独ソ電撃戦」の国際通信社版JWCシリーズの第2版です。
数量:

日本機動部隊【第2版】

販売価格(税込): 6,050
過去に日本で発売された名作ゲームを再販することをコンセプトにしたJWC(Japan Wargame Classics)シリーズの第1段で、エポック社、コマンド・マガジン日本版第10号で発売された「日本機動部隊」の第2版です。
数量:

ウォーゲームハンドブック2018 小牧・長久手の戦い&弓張嶺夜襲作戦
  • 書籍

販売価格(税込): 2,640
今号のテーマは、天正12年(1584年)に起こった羽柴秀吉と織田信雄・徳川家康連合軍の戦いである、「小牧・長久手の戦い」をテーマにした対戦型ゲームです。
数量:

マレー電撃戦

販売価格(税込): 6,050
1984年にエポック社から発売された昭和16年から17年にかけての日本軍によるマレー半島侵攻作戦の「マレー電撃戦」とシンガポール占領を目指す「シンガポール攻略戦」の2 in 1ゲームのJWC版です。
数量:

日露戦争【第2版】

販売価格(税込): 5,280
過去に日本で発売された名作ゲームを再販することをコンセプトにしたJWC(Japan Wargame Classics)シリーズの第2段で、エポック社、コマンド・マガジン日本版第40号で発売された「日露戦争」の第2版です。
数量:

バルジ大作戦【第2版】

販売価格(税込): 6,050
WWIIの人気テーマ、「バルジの戦い」の名作として名高い、エポックの「バルジ大作戦」の国際通信社版JWCシリーズの第2版が登場します。
数量:

ウォーゲームハンドブック2017 田原坂の戦い
  • 書籍

販売価格(税込): 2,640
今号のテーマは2018年の大河ドラマの主人公、西郷隆盛最後の戦いとなった「西南戦争」の激戦田原坂の戦いをテーマにしたゲームが入っています。
数量:

レッド・ドラゴン・ライジング

販売価格(税込): 5,940
「コマンドマガジン92号」(2010年)の付録ゲームとして掲載された、近未来の中国軍と対中国同盟軍の仮想戦です。
数量:

タンクス プラス(TANKS+)

販売価格(税込): 5,060
エポック社から発売されていた同名ゲームの新版で、第二次世界大戦中期から後期のヨーロッパ東部戦線においてドイツ軍とソ連軍の間で行われた戦車戦を中心とする戦闘を再現した、戦術級シミュレーション・ウォーゲームに、西側連合軍の車輌と西部戦線での新たなシナリオとマップを追加した豪華版です。
数量: