• NEW
商品コード:
jekyllvshydejp

ジキルvsハイド

販売価格(税込):
2,420
ポイント: 22 Pt
関連カテゴリ:
新製品/新入荷
国内ゲーム > すごろくや
【メーカー】すごろくや
【著 作 者】Geonil
【種別仕様】カードゲーム
【プレイ人数】2人
【プレイ時間】約30分
【対象年齢】8歳以上
【商品説明】『ジキルvsハイド』は、色縛りで手札を1枚ずつ提出する数値比べの小勝負を、勝敗数の均衡を保ちたいジキル役と均衡を大きく崩したいハイド役として繰り返す、有名な怪奇小説「ジキル博士とハイド氏」を基にした2人用のゲームです。
 ジキル役とハイド役に分かれ、カードを1枚ずつ出し合ってお互い出した数値を比べる小勝負を繰り返していきます。
 はじめに配られた10枚の手札を使い切ったら、お互いの勝った回数を比べ、どちらかの少数が1回でも多ければ、その差分を同じだけ、ジキルの精神がハイドにどれだけ蝕まれてしまったのかを表す〈蝕みマーカー〉がハイド側へ進んでしまいます。
 マーカーの移動を終えたら、役割はそのままで全てのカードを配り直して次のラウンドをはじめます。もし、いずれかのラウンドの終わりに蝕みマーカーがトラック上の最後のマスに到達したらハイドの勝ち、到達しないまま3ラウンド目を終えられたらジキルの勝ちです。
 ジキルは、お互いの勝数を同じ数にするべく奮闘し、一方で、ハイドはお互いの勝数の差をできるだけ大きくするべく大敗か大勝を狙うのです。
 カードには赤/紫/緑の3色があり、1枚目として出された色と同じ色を1枚でも持っているのであれば必ず出さなくてはならない〈色縛り〉ルールがあります。
 同じ色を持っていない場合に限り好きなカードを出すことができますが、もし別々の色が出揃ったら、勝敗判定は数値ではなく色の強さ比べによって決まります。
 色の強さは、それぞれのラウンド内で何番目にその色が出されたかによって決まり、一番最初の色が最弱、2番目に出された色が2番目、最後に出された色が一番強い色となるのです。
 このように、出された順番によって色の強さが決まるので、どの順番でカードを出すかがとても重要になります。手札にある色の傾向を鑑みながら先々の展開を予想して、慎重に出す札を決めましょう。
 手札として配られるカードの中には〈秘薬カード〉という無色のカードが含まれます。
 このカードは好きな時に出せる、どの色でもない特別なカードで、その勝負の勝者にそのとき出された秘薬でない方のカードと同じ色に対応した秘薬の効果が発動します。
 秘薬によって発動する、勝者が相手の勝ち数を2回分奪ったり、お互いの手札を交換したりといった特別な効能をうまく活用するのも重要です。
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。