【6月1日発売予定】ゲームジャーナル79号 吾妻鏡 & 三国志荊州争奪戦争 & ミン スク 1941
  • 書籍
商品コード:
gj79

【6月1日発売予定】ゲームジャーナル79号 吾妻鏡 & 三国志荊州争奪戦争 & ミン スク 1941

販売価格(税込):
3,960
ポイント: 36 Pt
関連カテゴリ:
国内ゲーム > シミュレーションジャーナル
予約品
【6月1日発売予定】
【メーカー】シミュレーションジャーナル
【著 作 者】天津老師
【種別仕様】ゲーム付雑誌(A4,84p)
【プレイ人数】2人
【プレイ時間】1-2時間
【商品説明】今号の付録ゲームは天津老師デザインの短時間で簡単なルールでプレーできる、プレーアブルな三部作を収録しています。
 「吾妻鏡~源頼朝坂東制圧戦~」は、定評がある「太平記」システムをベースに、源頼朝の挙兵から富士川の合戦までの、坂東における源平の戦いを再現します。
 「三国志荊州争奪戦争」は本誌51号「武田遺領争奪戦争」システムで赤壁の戦い直後の曹操・孫権・劉備の荊州争奪戦を、2人のプレーヤーによる対戦型ゲームとして再現します。
 各プレーヤーは、曹操・孫権・劉備の三勢力の中から1個づつ受け持ち、残る一勢力は「第三勢力」となります。プレーヤーは「第三勢力」を上手く利用し、相手の正体がどの勢力であるかを推測しながら、自分の担当勢力を勝利に導かなければいけません。
 「ミンスク1941」はソ連軍のアントライド(戦力未経戦)システムでバルバロッサ初頭のドイツ中央軍集団の戦いを再現します。
 シークエンスはシンプルな移動-戦闘の手順ですが、戦闘結果で後退/除去の結果が出たら装甲部隊は2-3へクス前進でき、大突破・包囲が達成できる可能性があります。
 また戦闘時に裏面がゼロ戦力のユニットが出た場合も除去と同じ扱いになりうるので、アントライドシステム特有の緊張感も体験できます。
【付録ゲーム:吾妻鏡~源頼朝坂東制圧戦~】
 ターン:1ヶ月、ユニット: 1武将+数百~千人、カウンター:約70個、マップ:1枚
【付録ゲーム:三国志荊州争奪戦争】
 ユニット: 1武将+数千人、カウンター:約70個、マップ:1枚
【付録ゲーム:ミンスク1941】
 ターン:1日、ユニット: 軍団規模、カウンター:約45個、マップ:1枚
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。