• NEW
商品コード:
oufuhyakunen

マーダーミステリー 王府百年 日本語版

販売価格(税込):
6,930
ポイント: 63 Pt
関連カテゴリ:
新製品/新入荷
国内ゲーム > ディアシュピール
【メーカー】ディアシュピール
【著 作 者】謎之推理社
【種別仕様】マーダーミステリー
【プレイ人数】7-9人
【プレイ時間】約2時間
【対象年齢】15歳以上
【商品説明】世界的に人気のマーダーミステリーのシナリオの日本語版で、殺人事件の当事者の一人となり、事件の謎に迫りつつ、各個人ごとの目標達成を目指します。
 ストーリー背景
 愛新覚羅・奕きょう(あいしんかくら・えききょう、1838年3月24日~1917年1月29日)は、清末期の皇族、清朝の初代内閣総理大臣である。西太后により慶親王に封ぜられた。奕きょうは、慶王府の地下室に巨額の財宝を隠し、財宝の在処を示すカギとなる双竜の玉佩をその子孫に残したという。
 奕きょうの逝去から100年が経ち、その旧居である慶王府が観光業界の重鎮羅利の目に留まり、政府の承認を経て観光地として開発されることとなった。開発資金調達のため、羅利は一般入札を募集し、最終的に3人の投資家との共同投資により開発を進めることが決定された。落札者の決定後、羅利は慶王府で関係者の会食会を開催することとした。
 会食会の翌朝、事態は急変する。慶王府の庭の草むらで一人の女性の遺体が発見された。殺害された被害者は楊清華という開発エリアのスタッフだ突然の殺害事件の発生により、慶王府は混乱の渦に包まれ、人々は疑心暗鬼を募らせた。そこで、全ての関係者は警察の捜査に協力し、事件の真相に迫り、犯人を探し出すこととなった。
 遊び方
1.各プレイヤーが、自身の好きなキャラクターを選び、そのキャラクターになりきる。
2.ゲーム中は、他のプレイヤーとの交渉と各キャラクターが持つカードの手がかりによって、事件の真相を推理し、犯人を探し出す。
3.事件の推理結果によって、投票形式で犯人を選定する。事件の終結後に、事件真相の冊子を読んで真実を確認する。
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。