商品コード:
suzumejong2nded

すずめ雀(第二版)

販売価格(税込):
3,672
ポイント: 170 Pt
関連カテゴリ:
国内ゲーム > すごろくや
【メーカー】すごろくや
【著 作 者】篠崎 高広 & 丸田 康司
【種別仕様】麻雀系ゲーム
【プレイ人数】2-5人
【プレイ時間】約30分
【対象年齢】6歳以上
【商品説明】番号と字の牌を使って、手元の6個で、同じ3個か連番3個を揃えるように、またライバルの〈完成する最後の1個〉を放出しないように、1個ずつ入れ替えながら完成させ、その組み合わせに応じて得点を稼ぐ、2-5人まで遊べて、ドキドキする駆け引きが本格派のミニマル(限りなく最小)な新麻雀ゲームです。
 麻雀でいうところの「索子牌1-9」と「發」「中」のみの11種類44個を使い、各自ランダムに手牌5個を手元に置いて、1人ずつ代わりばんこに〈1個取る〉→〈1個捨てる〉を繰り返して、必須の3個+3個の〈連番〉か〈同じ〉を作り、完成したらその牌の種類構成に応じた得点を稼ぎます。
 得点のやりとりは全員の持ち得点を奪い合う形式で行なわれます。
 もし、捨てた牌が、ライバルの誰かに「それを貰って完成(=ロン)」されてしまうと、自分の得点だけが奪われてしまいます。
 〈本人が一度捨てた牌ではロンできない〉のルールを活用し、各自が捨てた牌を見つつ安全な牌を捨てることも重要です。 とはいえ、ここぞというときには当てられる覚悟で勝負したりしていきましょう。
 本来の麻雀にある複雑なルールは極限まで削ぎ落としており、リーチやポン、チー、カンなどもありませんので、常に誰かが完成間近である前提で、序盤から「うわ、どれを捨てよう…」と悩ましく楽しめます。
 さらに、麻雀に付きものの組み合わせ得点(=役)の種類も極限まで減らしています。
 1/9/字牌があるかないか、色が揃っているか、にまつわる5種類だけですので、すぐに覚えられることでしょう。
 5種類とはいえ、絶妙な得点配分により、何を揃えるのかに悩んだり、高得点の組み合わせが揃いつつあってドキドキしたりする楽しさも存分に味わえます。
 こうして、混ぜる→セットする→1人ずつ取って捨てる→誰かが完成して得点、をスタートプレイヤーをずらしながら繰り返していき、4周したらゲーム終了。持ち得点が多い人が勝ちです。

この「第二版」には、主に次のような改良点があります。
・全体的に品質がかなり向上しています。
・牌の色が、当初想定していた(パッケージに載っているような)、ややクリーム色掛かった色になりました。
・赤牌に★の目印が付きました。
・「6」と若干見分けづらかった「9」がデザイン変更により見分けやすくなりました。
・牌の素材がアクリルからユリア樹脂という本格的な麻雀牌の素材に変更されました。
・重みが増したことで混ぜるときにひっくり返りにくくなりました。
・アクリル牌独特の刺激臭がなくなりました。
・点棒のデザインが少し変わりました。
・初期得点を50→40点に減らしました。
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。